才芸課「茶道クラス」のお知らせ

 ☆日本文化の総合芸術

  茶道は、この「わび・さび」の精神を大切にし、茶室という静かな

空間で茶を点〔た〕てることに集中することで心を落ち着かせます。

その事によって自分自身を見直し、精神を高めます。

   また、茶道では「一期一会」という言葉があります。これは「人と

の出会いを一生に一度のものと思い、相手に対し最善を尽くす」

という意味の言葉です。

茶道ではこれら精神にのっとってお茶をたてる事を大切にしています。

☆点前の手順

茶を点てること、そしてその作法の事を点前と言います。

(1)茶碗に抹茶を入れて釜の湯を注ぎ、茶筅〔ちゃせん〕

 (竹製のお茶を点てるための道具)でかき回し泡立てます。

 (2)手で茶碗を取り、左の手のひらにのせ回し飲みます。

  茶碗には正面があり、運ばれてきたときに向けられた側が正面になります。

 お茶をいただくときに、この正面を避けるため、茶碗を回して飲みます。

(3)飲んだ後を指先でぬぐい、指は懐紙〔かいし〕(茶席で、菓子を取り

分けたりするのに用いるもので、たたんでふところに入れておく紙)で拭きます。

   礼儀作法だけでなく、茶碗などの茶道具を始め、茶室や茶庭などの

鑑賞、客人との心の交流なども大切にします。

                  

 

 時間:525日より毎週水曜日午後4時~5時(20回)

 ☆授業内容: 

    畳の歩き方と座り方

 

    お点前の頂き方

 

    おわんの返し方

 

    お茶の飲み方

 

    お菓子の取り方

 

    お菓子の食べ方

 

    お茶の出し方

 

    お茶のさげ方

 

    お菓子の出し方

 

    お菓子のさげ方

 

    おわんの洗い方

 

    おわんの片付け方

 

    お抹茶の入れ方

 

    柄杓の使い方

 

    お茶の立て方1

 

    お茶の立て方2

 

    お客様復習

 

    お茶、お菓子だし復習

 

    総合検定

 

    お茶会



    安君兒日僑班 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()